2022年09月07日

船舶代理店とは???

で、そもそも、その代理店というのはどういうことをするのでしょうか???

代理店業務は、大きく分けて、@オペレーション、A本船関連業務、Bドキュメント、及びCカウンター業務に分けることが出来るかと思います。

@は、
A)船会社とターミナルとの間に入っての調整役
B)代理店業務が円滑に回るようにするための、本船担当、ドキュメント担当の取りまとめ役
C)税関へのマニフェスト提出

Aについては、
A)本船が日本に入ってくることができるように手配
B)入出港のアテンド
などをおこなうことにより、本船が円滑に入出港することができるようにします。

Bについては、
A)B/Lの作成
B)arrival noticeの発行

Cは、
A)フレート、チャージの入金確認及びD/Oの発行(あるいはD/O Less処理)
といった業務を行います。

実際に輸出者(shipper)、輸入者(consignee)、乙仲(forwarder)が関係してくるのはB、Cの業務でしょうか。

このブログでは、@〜Cをベースにして記事を書いていこうと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。